知らないと恥ずかしい一般的なお葬式の流れ

お通夜や告別式だけがお葬式ではない

お通夜や告別式だけがお葬式ではないの写真

かつては、お通夜と告別式を行うのがお葬式というものでしたが、今やお通夜や告別式だけがお葬式ではないという時代になってきています。
お葬式にも多様化の流れが進み、お通夜を行わず告別式だけで済ませる一日葬というスタイルは、今や一般的なものになりつつあります。
さらにはお通夜も告別式も行わず、火葬場に遺体を送り、火葬炉の前で読経が行われる中、焼香を行い、そのまま火葬するお葬式のことを、火葬式もしくは直葬などと呼んでいます。
お通夜も告別式も行わないことから、さまざまな費用が必要になるのを抑え、低料金での葬儀をしたいという人に選ばれている方法です。
かつては親族だけで集まって行っていた密葬も、今では家族葬と呼ばれるようになり、遺族と親族だけで自宅以外の場所で葬儀を行うことも珍しくありません。
そのため、亡くなったことすらも知らずに、人づてに聞いてびっくりということが多いのも、現代の多様化する葬儀の特徴といえるでしょう。
参列者を迎えるスタイルにするにしても、祭壇をあふれんばかりの華やかな花で飾る花祭壇というものが登場したり、静かな音楽や読経が流れるのではなく、斎場には生前、故人が大好きだったという音楽が流され、お葬式とは思えないような明るいテンポの音楽が流れる音楽葬というスタイルもできています。
そう考えると、今や故人はもちろん遺族が望むのであれば、どのようなスタイルでお葬式を行ってもマナー違反とは言えない時代になりました。